Pilgr Image★Jun Ray

アクセスカウンタ

zoom RSS 006〜008・・・Cyclades GREECE 余談 第2弾に追加

<<   作成日時 : 2008/11/15 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

006〜008・・・Cyclades GREECE 余談 第2弾」についか

さらに、皿に、もう一つの円環がありました。

5.考古学上の円環!!!!!
キクラデスのフライパン(Cycladic frying pans)です。

画像『地中海の記憶』フェルナン・ブローデルより
描かれた船と海
キュクラデス諸島の船

「フライパン」と称される、おそらく祭儀に使われていた平たい壺形土器。渦巻き模様が施されている。描かれているのは、紀元前3000年にエーゲ海を縦横に走っていた櫂の多い小舟で、舳先は衝角の形をしている。

シロス島 紀元前3000年紀 アテネ国立考古学博物館





まさに「円環の群体」が描かれています。ブローデルの書物の名称は『地中海の記憶』(先史時代と古代)と、洒落ていますね。

画像

アテネ国立博物館には「フライパン」がこんなに並んでいます。まだまだ他にもあります。

画像

円環だらけです。デロス島が芯になる2000年以上も前から、キクラデスは円環だったのでした。
「フライパン」はお墓からも出土するそうですが、水を張って鏡にしたとか、女性の不妊治療の呪術的道具だったとか、いろいろな推測はあるようですが、なんのための道具だったかは不明とのこと。この「フライパン」はキクラデス文明(紀元前3000〜2000年紀)の遺物の代表的な一品です。
日本にあてはめると、紀元前200年紀から紀元200年紀にかけて使用された祭器の銅鐸のようなものでしょう。

アテネ国立博物館のほかにアテネにあるキクラデス美術博物館でもキクラデス文明の遺物が観覧できます。

以上、キクラデス諸島に隠された円環は5つだった V


地中海の記憶―先史時代と古代
藤原書店
フェルナン・ブローデル

ユーザレビュー:
地中海の黎明を抒情豊 ...
文明の「記憶」の語り ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
↓こちらのブログへもどうぞ
マン坊舎
006〜008・・・Cyclades GREECE 余談 第2弾に追加 Pilgr Image★Jun Ray/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる